第二新卒は大手企業にこだわらない方がいい理由

第二新卒とは、学校を卒業して一度就職した後、1年未満〜3年の間に離職して転職活動をする求職者のことを指します。


一度は中小企業に就職したものの、やはり大手企業に憧れを持っていて、第二新卒で大手を目指す人もいます。


また、どうせ転職するならネームバリューのある大手企業で働きたいと考えて大手を狙っている人も多いでしょう。


確かに第二新卒で大手に再就職するチャンスは十分にあります。


しかし、大手企業だからという理由だけで転職先を選んでしまってはいけません。


というのも、その転職が成功だったと言えるためには
なぜ転職したいのか
本当にやりたいことは何か
を考えて、それをかなえることができる会社を選ぶ必要があるからです。


新卒時の就職活動では、実際に働いた経験がないため、仕事内容をあまり理解せずに名前だけで会社を選んでいたかもしれません。


しかし、転職の場合は短期間でも社会に出ていたこともあり、仕事に対する理解も深まっていることから、本当に自分のやりたい仕事が何のなのかがはっきりしていることでしょう。


求人情報に書かれた業務内容が本当に自分のやりたいことなのか、本当に身に付けたいスキルなのかを事前に判別することができる状態です。


場合によっては大手企業にこだわらなくても、本当に自分のやりたいことが実現できる会社があると理解できるようになっているはずです。


大手企業だからと名前だけで判断するのではなく、どんな会社に転職すればあなたのやりたいことができるのか、求人情報をしっかり確認して、よく考えることが転職に失敗しない方法です。


では、求人情報のどこを見ればいいのか?




第二新卒の求人で注意すべきポイント

第二新卒の求人で注意すべきポイントは大きく分けて以下の3つです。


1.社員を大切にする会社であるか?
2.若手が活躍できる会社か?
3.人材採用に計画性があるか?


これらを確認すれば転職先にブラック企業を選んで失敗することはありません。では、一つ一つ確認していきましょう。


1.社員を大切にする会社であるか?
それは会社の人材育成制度を見ればわかります。


第二新卒者は経験が浅く、いきなり仕事を与えられても、どうこなせばいいのかわからないものです。


それを理解していれば、ある程度の研修や人材育成を取り入れているはずなので、そこを見れば社員を大切にする会社かどうかわかります。


求人広告で研修や人材育成制度を設けている会社かどうか確認しましょう。


また、会社のホームページにある社長あいさつや企業理念からも確認できます。ここで人材の大切さを謳っていれば社員を大切にする会社でしょう。


2.若手が活躍できる会社か?
社員が希望通りの仕事に就く機会がある会社であれば、若手社員も活躍できるチャンスが十分にある会社といえるでしょう。


ホームページから事業内容を見て興味を感じたものがあれば、面接でその事業に携わる可能性があるかどうかを聞いてみることで判断できます。


上司や社長に自由に意見を言える会社であれば、希望した部署に配属される可能性も高く、若手が活躍できる場を提供されていることでしょう。


また、自分と同じような中途採用で入社した先輩が今、どの部署でどのような仕事をしているか、具体的な事例として聞いてみると将来の自分の姿がある程度想像できます。


3.人材採用に計画性があるか?
その会社がどういう目的で採用活動をしているかは重要です。


なぜその会社は採用をするのか採用の目的を求人広告で明記してある会社もありますが、わからなければ面接で確認して下さい。


ここが曖昧だと、採用してもすぐに辞める人が多いためとりあえず人材を確保しておこうというようなブラック企業である可能性が高いです。


そして、いい人材を集めようという意欲があるかも重要です。
例えば、会社の規模にもよりますが、面接担当が一人しかいないようだと、いい人材を集めることにそこまで意欲的ではないと判断できるのでその会社への転職は慎重に進めるべきです。


ここまで、人材をどのように扱う会社なのかを調べることに重点を置いて話してきました。


このポイントを押さえておけばブラック企業に入ることはないでしょう。


ただ、そうは言っても求人サイトに載っている情報だけでは詳細にわかりませんし、誤ってブラック企業に応募してしまうかもしれません。


そこで、おすすめなのが第二新卒転職支援サービスです。


ブラック企業を除外してくれるのはもちろん、転職活動に必要なスキルも教えてくれます。


なので、自分一人で第二新卒転職の荒波を乗り切るのが不安だという方はこういったサービスをご利用されてもいいかもしれません。


ちなみにこちらは無料で受けられます。


大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo




一人で不安をかかえて悩むより、こちらで相談してスッキリした方が精神的にもいいですよ。